So-net無料ブログ作成
検索選択

マッサンでの相武紗季の関西弁でもいびり芸が凄いと話題に!! [芸能人]

NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」が高視聴率になっています。第13話の平均視聴率が関西地区で過去10年間の朝ドラ最高値となる26.2%をマークしました。

人気を牽引しているのが、泉ピン子さん演じる亀山政春の母・早苗の「嫁いびり」ではないでしょうか。その後、泉ピン子さんの登場は減りましたが、その後、強烈なインパクトを残しているのが、相武紗季さんが演じる住吉酒造の社長令嬢・優子の「嫁いびり」です

1770a5bd.jpg

これからの相武紗季さんの嫁いびりに注目です。

しかし、相武紗季さんのマッサンでの関西弁がとても上手なことに驚いた人もいるのではないでしょうか。

実は、相武紗季さんは兵庫県の出身で普通に関西弁で話をしていたので、関西弁が上手くて当然なのです

今回の「マッサン」は関西が舞台なので、関西出身の俳優や女優も多いようですね。そのため不自然な関西弁もあまりなく視聴者も楽しめる内容のため、関西地区での視聴率が高いのかもしれませんね。当然、ドラマの内容が面白いというのもありますが。

今後、泉ピン子さんと相武紗季さんのいびり合いがあれば面白いのかもしれません。そのようなシーンがあるのかどうかも注目ですね。


sponsored link






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。