So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース ブログトップ

国産ジェットエンジン開発にホンダが挑戦! [ニュース]

F1や自動車メーカーとして有名なホンダ航空機ジェットエンジン開発に本格的に乗り出すようです。ホンダが開発をし住める国産ジェット機「ホンダジェット」に搭載するだけでなく、他の航空機メーカーへの外販にも力を入れるとのことです。

crsm0000000000.jpeg

航空機エンジンは欧米勢が強いようで、国産でも重機メーカーが中心で、自動車メーカーが参入する障壁はかなり高いようです。しかし、ホンダは自動車開発で培った技術を武器に勝負を挑むようです。

ホンダはすでに、エンジンの修理拠点の選定や、欧米などでのサービス拠点の構築を進めているとのこと。

通常、航空機は機体メーカーとエンジンメーカーは別のようなのですが、ホンダは機体だけでなく、エンジンも開発していくそうです

k1694571905.jpg

ホンダは最近になって国産ジェットエンジンの開発を進めたのではなく、実は1960年代から研究を始めていました。そこで、航空機も研究の主要テーマだったそうです。

そして、2004年にGEとの合弁会社「Honda GE」設立し、ジェットエンジンの研究開発を進めていました。そこで昨年末に開発した航空機エンジンは、ホンダが自動車開発で培った技術を生かし、燃費が他の競合と比べると10%以上改善されているそうです。

現在も、ホンダジェットを100台以上受注しており、今後も受注数は伸びていくことが予想されます。

MRJと共に、国産の航空機業界を盛り上げていってもらいたいですね。

泣ける広島県の配布場所 広島は? [ニュース]

「泣ける広島県」は、広島県のガイドブックです。広島県の新観光プロモーションの「泣ける広島県」の観光客誘致のための戦略の中核として、2014年7月14日より全国で配布が開始されています。「Perfume」の3人が表紙を飾ったことで話題を集め、発売後2時間で広島県のWEB受付予約部数が、品切れ状態になりました。また、全国でも配布場所へ「泣ける広島県」を求めて、大勢の人が殺到したため、わすか数日で品切れ状態となったガイドブックです。

001.jpg

3万8000部増刷されたガイドブック「泣ける広島県」の申込み受付は、8月13日午前10時より、公式サイトで開始されています。数量限定のため、無くなり次第終了となります。予約第一次の申込みをすでにされた方の応募は。無効となりますのでご注意ください。

「泣ける広島県」の広島県内の配布場所について、ご紹介します。広島市中区本通りにある「ひろしま夢ぷらざ」が、配布場所となっていますが、現在のところ人気殺到のため配布は終了となっています。「ひろしま夢ぷらざ」とは、中四国一の繁華商店街といわれる本通り商店街内にある、県内各地の特産品の展示販売とイベントや観光情報などの発信を行っているアンテナショップです。店内では、2週間単位で県内各地の特産品を紹介するイベントが開催されています。

このガイドブックの内容は、「泣ける」をキーワードに、県内の観光スポットや飲食店を掲載したもので、無料で配布されています。7月14日に創刊号が発刊されて以降、初版の5万部が各配布拠点で品切れが続出し、話題を集めています。

泣ける広島の配布場所 大阪は? [ニュース]

泣ける広島県は、広島県の泣ける情報を集めた無料のガイドブックです

001.jpg

泣ける広島県は、広島県を始め、大阪府や愛知県といった配布場所で、2014年の7月に配布を開始しました。泣ける広島県のガイドブックの表紙を飾ったのは、広島県出身のPerfumeで、ガイドブック内でも彼女ら3人の特集がなされています

人気のPerfumeが表紙ということもあり、ガイドブックを入手しようと配布場所に訪れる人が押し寄せています。8月現在の時点で、愛知県名古屋市や広島県広島市の各配布場所では配布枚数を終了しています。初版は5万冊を確保していたものの、配布から3日で品切れ状態になり、緊急増刷も一度行ったほどです。既に配布終了しているところもありますが、大阪府大阪市や東京都福岡県、滋賀県などでは、まだ配布を行っています。

このガイドブックは全126ページの構成で、広島県の泣ける情報を始め、Perfumeのインタビュー特集やカープ女子図鑑など、コーナーが盛りだくさんです。Perfumeの特集も楽しみの一つですが、全126ページに広島の美味しいものや観光スポット、広島県の人々などについてたっぷりと情報を載せています。

そのため、今まで知らなかった広島県の色々な情報を、多くの人に広めることができる貴重なガイドブックとなっています。

ガイドブックは既にウェブ上での購読希望は終了しています。そのため、配布場所で残っている限りとなります。

泣ける広島県のガイドブックはオークションでも販売 [ニュース]

感動の涙が溢れだす、泣ける広島県ガイドブックは、心にしみる文面が人の心を捉えます。思わず泣けてくる、そんな感動の一冊です。

001.jpg

読んでみないとこの感度は伝わらない、とにかく大評判ですぐに完売してしまうほどに人気の本です。泣ける広島県、ガイドブックはオークションでも販売されており、オークションでも大変人気が高い商品です。

テレビでも話題になっており、行列ができるほど人気が広まっている、泣ける広島県、ガイドブックです。ガイドブックを読んでいると次第に心を奪われ思わず涙する、感動の一冊です。

様々な観光名所が掲載されており、旅をする人たちに強烈な忘れられない思い出として残る、大変貴重な本になっています。読んでいて読む人に感銘を与え、次第に虜になってしまう、泣ける広島県、ガイドブックは、多くの方に愛されている本です。

読み手に取って分かりやすい内容なので、年齢を問わず楽しめることが人気の秘訣です。広島の情緒ある観光名所を細やかな描写で書き綴られているので、思わず感動する場面もあり、大変分かりやすい内容も受けています。

一生の記憶に刻まれる、思い出豊かな広島を描写してある本です。ネットオークションでも取り扱われており、大変購入しやすい価格で入札できます

人気があり話題性も豊かな、泣ける広島県は多くの方に感銘を与える素晴らしい本で、話題がある一冊が書店にない場合には、ネットオークションで購入すると手に入ります。

泣ける広島県のガイドブックの特徴と配布場所 [ニュース]

広島県の観光案内を掲載しているのが、泣ける広島県のガイドブックです。無料で配布され、広島県の楽しみ方や観光名所が記載されています。そして広島県の良さを知ることができるのが泣ける広島県のガイドブックです。

001.jpg

つまり究極の広島県を知ってもらうために作られたガイドになります。
そして無料でありながらその分厚さが特徴のガイドブックになり、広島県の良さが詰まっています。
またフルカラーなので、見やすいという豪華さもあるガイドです。

しかし泣ける広島県のガイドブックは、広島県出身のアーティストが表紙や数パージにわたって故郷の広島県で撮影されたページがあることにより、すぐに品切れになってしまいました。

そのため増刷が決まり、2014年8月13日よりウェブサイトで申し込むことができます。現在は申し込み数に達したので終了していますが、各県の配布場所でもらうことができます

各県の配布場所は、東京名古屋や滋賀県や大阪や広島県や福岡県になります。すでに配布が終了している県もあります。

例えば、東京の配布場所は、広島県のショップになります。

人気のあるガイドになるので、上記の配布場所でもすぐになくなってしまう可能性があります。ただし増刷の要望が数多く寄せられているため、今回のように再配布されることもあります。

そのため今回手に入れることができなかった人は、ウェブサイトで確認することが必要になります。泣ける広島県のガイドブックは人気があるため、ウェブサイトで申し込み日時や配布場所を確認することで手に入れることがでる可能性があるので、ウェブサイトで確認してはいかがでしょうか。

アナと雪の女王の続編が書籍で発売へ!!内容は?発売はいつ? [ニュース]

大ヒットをヒットしている、映画「アナと雪の女王」ですが、続編が書籍で発売されることが決まりました

映画を見て、その後のエルサやアナ、クリストフがどうなっていったのか、気になっていた人も多いのではないでしょうか?続編の内容はどうなるのでしょうか?また発売日はいつのなるのでしょうか?気になる部分を調べてみました。

「アナと雪の女王」の続編は書籍で発売されます。発売日は2015年1月で、本作の続編の話を4巻出版されます。初回の2作、「アナとエルサ 1:オール・ヘイル・ザ・クイーン(原題)」「アナエルサ 2:メモリー・アンド・マジック(原題)」は、2015年1月6日に発売予定で、後半の2巻は2015年下半期に出版予定だそうです。その後は一年に3、4巻のペースで続編シリーズを出版して行く予定とのこと。

では、内容はどうなっているのでしょうか?

最初の2巻では、『アナ雪』の世界がより詳しく描かれており、アナとエルサが互いをより深く知っていく過程が描かれるという内容だそうです。それ以降の内容は現時点では不明です。

また、噂では、続編の映画化も検討されているそうです。続編は2018年に公開とのことです。

大ヒットした英魚の続編なので、書籍も発売されれば売り切れなど、大ヒット間違いなしでしょうね。続編の内容がわかり次第、内容をアップしていきたいと思います。

「がんばれゴエモン」「ミラクルランジェリー」の作者・帯ひろ志が死去!! [ニュース]

「がんばれゴエモン」や「ミラクルランジェリー」の作者として有名な帯ひろ志さんが昨日夕方、脳幹出血で入院し、本日七時四十分急逝致したそうです。帯ひろ志さんの奥様がツイッターで公表しました。

5b203d5475e795f4a0cecbc91a3f7aac.jpg

帯ひろ志さんのツイートを見たら、昨日の昼までは何事もなく元気だったみたいですね。いかに急だったか分かります。夕方に突然脳幹出血を発症して倒れ、そのまま危篤状態に陥って亡くなられたようです。
また、8月9日には、山口県徳山大学で行われるオープンキャンパスに帯ひろ志さんが参加する予定だったようですね。

61-9PsjXjKL._SL500_AA300_.jpg

本人も予想すらしていなくて無念だった事でしょう。

子供の頃は凄く楽しくボンボンでゴエモン読んでいました。 

謹んでご冥福をお祈り致します。

ポスコが韓国でも爆発!!このまま破綻か!! [ニュース]

韓国鉄鋼大手ポスコがインドネシアに設置した一貫製鉄所が昨年末大爆発事故を起こし、操業停止となっていましたが、そのポスコがまた、爆発事故を起こしたようです

今度は、韓国国内での爆発事故のようです。

韓国では、沈没事故、地下鉄の追突事故、戦闘機の事故と信じられないような事故が続いています。そして、ポスコの高炉の事故ですから、韓国製品の品質の低さが世界中に知れ渡ってしまったのではないでしょうか。

日本には関係のないことですが、サムスンがアップルから巨額の賠償金を請求されていることを考えると、韓国のビジネスモデルである、「他国の製品をパクって安い製品を作る」というやり方が行き詰っているような感じですね。

いくら安くても事故が起こるようなものは買いたくありませんからね。世界中が、韓国製品を買うと、「安物買いの銭失い」になることを知ったのではないかと思います。

また、UEAの原発事業でも工事がかなり遅れているようですね。品質の悪さも発覚したりしており、このままだと巨額の国家賠償を求められそうです。

ただでさえ、韓国製品が売れなくなってきているところに、国家賠償もかかわってくると、国家の破綻も見えてくるのではないでしょうか

韓国は1997年のアジア通貨危機の際に、破綻しIMFの管理下に置かれています。またその状況になる日も近いのではないでしょうか。何度も破綻する国もそうはないですよ。

以前、破綻した際は、日本の助けで何とかなりましたが(しかし、韓国は日本に助けてもらったという認識はありません)、もし、再度、破綻ということになっても日本は嫌韓が広がっているので、助けることはできないでしょうね。

今後、韓国がどのような手段を使ってくるのか注目です!!
ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。